Advertising

mamxxx mom porno


私はバリケシルに住んでいます。 私は太りすぎの女性が好きです。 私はインターネット上でぽっちゃり女性に会った。 私たちは初めて彼女とチャットを始めました。 私は時間内に彼女に慣れて、彼女はカメラを開いて、彼女はあなたがもう私を望んでいないと言い始めました。 彼女は太りすぎだったので、彼女はそのように思った。 彼女は私に言ったので、私は彼女の家に行ってきました私は彼女の大きな腰の間に私のディックを入れ

私は最初に言ったように、私は太りすぎの女性が好きだと彼に言ったが、私は他の関係を持っているにもかかわらず、私はそのような友人を持ってい 彼は生きて信頼すべきだと述べた。 彼は私のような予約をしていて、私は彼に同意しました。 私たちの会話はもう少し性的になり始めました。 私たちは私たちの願い、私たちの欲望、私たちの空想について話していました。

私は多くの人々のようなフィットボディの美しい女性の代わりに太りすぎの欠陥を持つ人々が好きだと言うだろう、私はそれが説得力がないだろう知っているが、私は本当にそのように感じた。 細い腰の代わりに、私は柔らかい大きな腰と腹を夢見ていました。 私はまっすぐな胸の代わりに垂れ下がった大きな胸に惹かれました。 私は滑らかな体を見ていませんでした。 私は彼らの腹、ヒップおよび足のセルライトの女性がほしいと思った。 私が探していた不完全さは完璧ではありませんでした。 私は経験を望んでいました。 私は同じ女性の代わりに太った女性を望んでいました。 私は彼らと一緒にいて、彼らがどのように望んでいたかを感じさせ、世界で最も美しい女性として自分自身を見させることを望んでいました。 私はそのような肌、そのような体を崇拝しました。

彼女は彼女の体が好きではなかった人、独り善がりだった人、彼女の体が好きではなかった人、私が探していた薄い女性が着用しているセクシーな下着

彼女は彼女のために美しいとはみなされない顔と体を持っていましたが、彼女は私にとって完全な神でした。 私たちが最初にカメラをオンにしたとき、彼女はtシャツを着ていた、私は底を見ることができませんでしたが、私は彼女のtシャツの上からも非常に明白であった彼女の巨大な胸を見ることができました。 彼が腕を上げたとき、彼は私の足とほぼ同じくらい厚く、私は彼の隣にいて彼に触れることはできませんでした。 私たちがカメラでお互いを見たとき、私たちは友情を深め、親密になりました。

私たちは、これらの会話の後、私は私の欲望が最高レベルにあったように懸命になっていた、お互いの上に私たちの空想を伝えるために始めました。 私を最も怒らせたのは、彼が非常に濡れたということでした。 彼は通常よりも濡れていると不平を言い、不快だと言ったが、私はそれを一滴も無駄にすることなく数分間その濡れを吸って舐めたいと思った。 しばらくの間、インターネット上でチャットした後、彼は彼の家に私を招待しました。 私たちが同意した日、私は私と一緒に赤ワインの二つのボトルを取って、家に帰る道を取った。 私は高校で彼の愛を満たすために起こっていたティーンエイジャーのように、興奮から死ぬつもりだったように私は感じました。 私はドアをノックし、私の神はドアを開け、私たちは入った。 それは本当に壮大でした。

彼女は私がカメラで見たものよりも重くなっていた。 彼女は彼女の膝の上にスカートとブラウスを着ていた。 彼女の足は裸だった。 私たちは中に入りました。 私たちはしばらくの間おしゃべりし、私たちのワインを飲みながらお互いに暖めました。 私は彼女の隣に座って、彼女の顔を彼女の顔に回して彼女の目を見て、唇に彼女にキスをし始めました。 私はとにかく夢中になろうとしていました。 私は彼女の足の下に膝を置き、ゆっくりと彼女の足をマッサージし始めました。

私は何年も欲しかった体のすべての部分にキスしたかった、足の先端から始まり、そのすべての部分を舐め、急いで何時間も飽き飽きしていました。 私は私の手に彼の足を取り、マッサージを開始しました。 彼は太い足首を持っていたし、私は私の口の中で彼の親指を取って、吸い始めた。 私は彼の足全体を舐めていた。

私は吸っていた、私は彼女の足を吸っていた間、彼女は興奮していたことを感じることができ、彼女のスカートが開いた。 私は彼女の足の中を見ることができましたが、私は彼女の女を見ることができませんでした。 彼女の太い足は一緒に立ち往生していたので、私は彼女の女を見ることができませんでした。 ダンスを始めました。私は180o164センチだった私は抱きしめて、私のディックを踊り始めたので、ハードそれは彼女の脂肪の腹に触れていたと私は彼女の腰をつかむしようとしていたが、私の腕は十分ではなかったあなたはキスとダンスの両方に立っていた私のディックは彼女の柔らかい豪華な腹を押していたが、彼女の背中に柔らかさがあったと私はそれが層にあった見るために立つことができなかったあなたのブラジャーの下に。 彼女のブラのストラップから外れていた場所は、彼らが出てきていたように見えました。 私は狂ったと私たちはちょうどキスをして踊って、寝室に向かって行きました。 私はベッドの上に彼女を置いて、彼女は私を見ていたので、私は服を脱ぎ始め、私は私のボクサーだけが残っていた私のボクサーから飛び降りるように見えた私のディックは、私が横になるように彼女に言った。彼はちょうど私を見つめている間、私はベッドの上に彼を置いた私は服を脱ぎ始め、私は私のボクサーだけが残っていた私のディックは私のボクサーから飛び出すようなものだった私は顔を下に横たわるように彼に言った。彼はちょうど私を見つめている間、私はベッドの上に彼を置いた私は服を脱ぎ始め、私は私のボクサーだけが残っていた私のディックは私のボクサーから飛び出すようなものだった私は顔を下に横たわるように彼に言った。

そして、スローウォーカーは彼女の足から始まりキスを開始しました。 私は彼女のスカートの上に彼女の膝の後ろを舐めて、彼女のお尻を撫でていました。 私は彼女のセルライトの足と腰を見るのを待つことができませんでした。

時々私は彼女の顔を回すことなく、彼女の腰を舐めてキスしていた私は彼女の服を脱いだ彼女はブラジャーとパンティーだけを着ていた彼女は白いスーツを着ていた彼女の体重はかなり大きかった私は私のボクサーを脱いだ私は裸だった私は彼女の腰に座っていた私は彼女の首にキスし、彼女を舐めていた。 それは素晴らしかったです。 それはあなたの顔を回すための時間でした。 彼女は彼女の顔を回し、それは私がさらに狂ったようにしました。 彼女は彼女のブラジャーを脱いで、彼女のパンティーにとどまった。 彼女は彼女のパンティーに横たわっていたにもかかわらず、彼女の胸は巨大で、私はそれを我慢できませんでした。 私は彼女の大きな胸にキスを始めた私は彼女の腹を舐め始めた私は彼女の柔らかい腹のボタンで私の舌を貼り付けていた私は片手で降りて、彼女の女を愛撫していたそれはとても肉であり、big.as 彼は非常に濡れていると言った。

bense kilodunu ç ıkarmadan önce amını kilodunun üzerinden iyic okşamak kilodunu ıslatmak amının kokusunu kiloduna geçirmek istiyordum kollarını geriye doğru uzattım o kalın kollarını öpmeye başladım koltuk altı hafif kıllıydı sanırım3-5gün önce traş etmişti birazda terlemiş ıslanmıştı ama kadınımınタkokusu胆汁benim içinの把握afrodizyaktı koltuk altını胆汁yaladım hoşuma gidiyordu tadı kokusu.amınınyakınıbacak içleri koltuk altı kilolarından dolayı hafif kararmıştıbu görüntü beni iyice tahrik ediyordu.yavaşçasırılsıklam olan kilodunu çıkarmaya başladım。yüzüme bakıyorduçıkardışım kilodu alıp yüzüme burnuma yaklaştırdım.kokladım kilodunu amının değdişi yerleri yaladım amının tadına kokusuna ilk önce kilodundan bakmak istiyordum gözlerim onun gözlerinde müthiş tahrik olduşunu görebiliyordum bu kadar arzulanmak hayal edilmek istenmek hoğuna gidiyordu sanırım.kilodunu iyice yaladım ama artık amının tadına bakmak istiyordum.

私は曲がって、彼女の腹は少し毛むくじゃらの彼女の女に落ちていた、それは巨大だった私は彼女の足を広げ、彼女の足の間に私の頭を入れて、彼女は素晴ら 私は数分間この位置に滞在しました。 彼のうめき声を聞いて、彼がそれを楽しんでいるのを見ることは私をさらに怒らせていた私は彼の奴隷になりたかった、彼が望むものは何でも、彼が望むものは何でも、私は彼が最も恥ずべき、汚い、野生の空想を生きさせたかった、彼は私の口の中で射精し始めた、私はそれをすべて飲み込んだ、私は彼の女のジュースを飲んだ私の渇きは消えなかった、私は彼の体のあらゆる部分に私の舌を触れたかった、私はそれを舐めたかった、そして私は横たわって、彼がトイレに座っていたように彼の顔に座って欲しかった。私は舐め続けました

私の顔は猫で覆われていました。 それから私は立ち上がって、彼女はベッドの上で犬の位置に入った私は彼女の背中と腰をなでる始めた私は彼女のおならと私の手で彼女の背中の穴をなでるされた私は彼女が彼女の後ろに行くと彼女の手で彼女の頬を分離したかった彼女はそれをやった彼女の背中の穴は彼女の大きな腰に小さな見えた私は彼女が彼女の背中の穴を舐めていた間、彼女は彼女のクリトリスをなでるされ、この方法は、それが射精し、私は再びそれをなめた、私は女の水を飲んだ、彼女の悲鳴は非常に快適だったし、今、彼女は彼女の背中の穴を舐めていた。それに入るために私を物乞いましたinstagramの:onurblksr_1010skype: darkwater06@hotmail.com

私は彼にもっと喜びを与えたいと思っていました,彼が体験したかったものは何でもするために,私自身の喜びは彼の楽しみよりもはるかに重要ではありませんでした,彼は楽しんだようにうめき声として,私は同様に自分自身を楽しんでいました,彼は彼の顔に横たわっていたと彼の手で私のディックを撫で、彼の肉の女に近いそれをもたらしました私はあなたの女の中に入るようになりましたそれは火のように燃えていました彼は来て、彼女の顔を見て行ったように完全に私のディックを握っていました,うめき声と叫んで,私はもっと興奮していました. 私は10分で射精するつもりだった、私は彼女の暖かい猫にバースト、私は揺れと叫びによって多くの喜びを持っていました。

Thankyou for your vote!
0%
Rates : 0
2 months ago 24  Views
Categories:

Already have an account? Log In


Signup

Forgot Password

Log In