Advertising

morrita mom porno


こんにちはっ座kaan manisaと書いだ素晴らしい真の話を行う3ヶ月前のこと。 それは土曜日だった、私は夕方にイズミルに行き、飲み物のカップルを持っていると私の頭をクリアしたかった、私は私の友人と呼ばれ、彼は彼が来るこ 19時頃、私は車に飛び乗ってイズミルに行き、長い間イズミルの周りを歩いて駐車場に車を残しました。 私の目的は、素敵な魚のレストランを見つけて、醸造を持っていることでした。 私は場所を見つけて、中に入った、それは非常にいっぱいではなかったので、私はテーブルに座って、私の注文を入れ、その間に、私は周りを見回し始めました。 私のテーブルの隣に45歳のカップルがあった、女性は非常に美しく、セクシーな服を着ていた、男がいた

彼は口ひげのない古典的な服を着たひげのない男だった、私の注文が来たとき、私は私の食べ物を食べて、ラキを飲み始めた。 11時くらいだった。 彼女はスナップを与えたように彼女の足は私の前にレイアウトされ、私はしばらくの間、彼女の足を見ていた、私たちはアイコンタクトをした、私はウィンクし、彼女は笑顔で私に答えたが、それはどのように、どのように我々は話をするつもりだった、環境は私たちの会話に適していなかった、我々は再び彼女を見ていた間、私は彼女の子牛に向かって彼女の足を見ずに自分自身を助けることができませんでした。

短時間の経過また、こういう女性に言っていたので何かと夫の声に耳を傾け、その瞬間の振り返ったと振り返りでもね、私は彼にsmirk開始を感じることがあるのだというような出来事が起きないようにと内部てくれるのは女性ですが、椅子というのは、なぜあの男と言うこんにちは、私の標高を超えたので、遅くの時間です。 私は法案を求め、私は法案を支払った、私は行くつもりだった、男は彼のテーブルに私を招待し、言った、あなたは時間があれば、あなたは二重のために私たちと一緒に飲み物を持っているだろう、私はそれを信じることができなかった、彼らは彼らのテーブルに私を招待し、人々は奇妙に私を見たが、私も気にしなかった、私は彼らのテーブルに座って、私たちは簡単な紹介セッションを持っていた、男の名前はtanjuだった、と女性の噴水。 その女性のことを話しましょう。 Pınarはブルネットの美しさです、彼女は素晴らしい体を持っています、彼女の胸はミサイルのようです

男,周り55キロ,彼よりも少し重いと考えられていました,私たちはチャットを開始しました,天気について話して、その後、現在のものについてそれはあ Tanjuは、あなたが今夜利用可能であれば、私はあなたに私の家で飲み物を提供したいと思います、私は礼儀のうち、なぜ、春の目が笑っていたと述べた。 私が申し出を受け入れたとき、Tanjuは口座を求め、私たちはそこから出て彼らの家に行くために車に乗った。 私たちは別荘の前に立ち止まり、自動ドアが開き、車でその庭に入りました。

ヴィラは壮大だった、それはプールで高い壁に囲まれていた、それはちょうど私の夢のようなヴィラだった、我々はドアに向かって歩いたように家のドア 私たちは中に入った、暖炉はリビングルームで燃えており、それは非常に美しかったです。 私たちは皆、暖炉の前のクマの皮に座って、私は彼らと一緒に立ち往生していました。 私はそれが飲むことができると言った、あなたはそれらの中で非常に正しい、あなたの味

私たちは同じことを考えて、彼らは言った、tanjuは台所に行って、私たちは春と一人でいた、私たちは初めて春とチャットするつもりだった、彼は私が非常にカリスマ的だったと私に言った、彼は非常に私に感銘を受けた、彼は彼が私の中を見始めたと言った、私はあなたが私を見て見たとき、私はあなたを見始めたと私は言った、ありがとう。 彼女はあなたに感謝し、私は大丈夫と言った何かが間違っていた場合、なぜあなたはあなたの夫に言った私は素敵な何かが春に起こっていた場合、私は私が本当に好きな誰かと一緒にいたいとき、私は間違いなく春ではないと言った私は私たちが一緒に決定する私の夫に伝え、私は同時に驚いたあなたがあなたが彼らのために最初ではなかったと言ったとき、私は幸せだったとpınarは、彼があなたを見てなって私の夫に言ったとき、私は最後ではないだろう、彼は本当にハンサムでカリスマ的だった、彼は言った、”のは、彼をホストし、今夜それを楽しんでみましょう、私たちは私たちのテーブルにあなたを招待しました。”

私たちは会って、今私たちはここにいます。 私は彼女のスカートの下に私の手を入れて、彼女のおならの上に彼女のひもを愛撫し始めた春は軽くうめき声だった、私は快適な何かを着用してみましょう、それはあまりにもタイトな取得し始めた私はズボンを言った、私は私のズボンを脱いで、私は私のブリーフを残していたが、私のコックは山のようだった

私のキスのために、Pınarは私の前で彼女の膝の上に落ち、彼女の手でそれを撫で始めました、彼女は言った、”それは素晴らしいです、私は詳しく見てみたい。”彼は私の足から私のパンティーを剥がし、私の19cmの厚さの縞模様のディックを脱いだ。 彼は働いていたが、彼はそれの半分以上を取ることができませんでした彼は少し舐めた後、彼の口の中でそれの半分以上を取ることができました彼は彼の口からそれを取り出しました私は今夜すべての穴でこれをしたい彼は追加され、tanjuを追加し、彼は彼があまりにもsumanでそれを好きになると言いました私はあなたが何を意味するのか理解できませんでした私はPınara tanjuもbisexであり、あなたのディックは非常に大きくないと言いました彼は彼が彼の妻とおいしい関係を持っていたと私に言った

私はまだ服を着ていなかった、Asumanは私たちを招待するためにドアに登場し、春に来て、私の愛を見て、あなたが好きかどうかを見てみましょうAsumanは私に来て、唇に春によくキスをした、その後、彼は彼の手の中に山のように私のコックを取った、非常に美しい、非常に素晴らしい、私たちはうめき声を作る、私たちを性交、私たちの穴はあなたのものであり、彼は曲がって私に言った。 ハムレードは彼の口の中でそれをすべて取った、それは彼の口の中ですべてだった、それはメイドが前にコックをたくさん食べていたことを意味し、彼女はそれを舐めた後にそれを取り出し、私は服を着て、私たちはすべて階下に行ったが、私はまだ山のようだったと私はショートパンツからそれを隠すことができなかったので、私たちは暖炉に来たとき、彼女はそのように私を見たとき、彼女は眼鏡にタンジュのワインを注ぎ始めた、ooo mashallahあなたは顕著である彼は言った、私は春に感謝し、私の愛、私たちは両方の上にそれを味わった、それは素晴らしいことだ、あなたはワインの前にそれを味わいたいタンジュは言った。

彼はワインボトルを残し、私に来て、私のショートパンツの上から私のコックを愛撫し、その後、彼は私を置いて、私のショートパンツを私の足に引っ張って、一 それは私が狂って運転していたので、私は私の腰を高く持ち上げ、それらを下げた私はtanjuに言ったなぜあなたは下のものを味わうしないtanjuは、彼が私の顔に私を回した信号を得た春とasumanは、私たちが彼らのcuntsを指で見ていた彼らはうめき声だった私はできるだけ多くの私の足を開いて、私の腰を持ち上げた彼らはすべて、彼らが合意していたかのように素晴らしい景色だと述べたtanju私の腰の両側に舌

彼は私を周りに行かせていた、彼は私を放尿していた、その後、彼は私の穴を舐めるようになった、私は女性のように私の腰を回し、彼は春に私たちに来た、彼は私もそれを舐めたいと言った、と彼は私の穴の周りに彼の舌を実行し始めた、彼はとても美しく舐めていたので、春に私を入れて、私の愛、私はそれを楽しんでいた、と言い始めた、彼は部屋に来て、私を舐め始めた、彼らは私を舐めていた、彼らは私を舐めていた犯される欲求が増加していた、私はそれを我慢できなかった、その後、私はうめき声を続けられるようにした。その後、彼らは私が裸だった舐めを停止し、彼らは服を着ていた, しかし、それは不公平だ私は言った、のは、あなたを服を脱がせてみましょう、私はあなたを服を脱がせ始めた、私は春tanjudaであなたを服を脱がせ始めた、彼らは彼らがそれらに持っていたものは何でも脱いだ、私はtanjuに言った、私はあなたを服を脱がせたい、もちろん私の愛はなぜ、彼女はとにかく私と一緒にいたと述べた私はそれにシャツを脱いだ、その体には髪がなかった、それは少年のようにきれいだった、その後、私はそれの下にショートパンツを脱いで、それはpantiescockポールにはなかった

それは私の目の前に立って来た、それは非常に大きくはなかった。 それは約15センチ、少し厚かったです。 私は私の舌で円を描き始め、それから私はそれを私の口に入れて吸うようになり、tanju、うめき声、私の愛を舐め、舐め、私を空にしました。 私はまだtanjuを舐めていた、tanjuは終わりに向かって来ていた、私はその動きから理解し、私はそれを脱がずに私の口にそれを注ぎたかったと私はtanjuを舐め続けたので、それは精子が私の口にヒットし始めたときに空になっていた私は少し飲み込んだ後、私はそれが私の喉に入るように飲み込んでいた、私は私の口の中にそれの残りの部分を保持し、春にそれのいくつかを注ぎ、それのいくつかはasumaと私たちはすべて私たちの口にそれを注ぎ、私たちは舐めて精子を失った、それは良い味がした、私はそれが非常に好きだと思う

彼らはすでにそれに慣れていた、多分彼らはあまりにも多くの時間を彼の精子を飲み込んだ、私はとてもいっぱいだった、私のディックは山のようだったと私はバーストしようとしていた私は地面に春とブドウを入れて私は並んでワイングラスの側を取った私は春の中心部にワイングラスを取り、木の腹にそれを注いだ。 そして、私は春の唇から舐め始め、私は彼女の胸に降りて、彼女の素晴らしい終わりはヘーゼルナッツのようにハードだった、彼女の年齢にもかかわらず、私は彼女を舐めたように春がうめき声を始めた、私は彼女を残して、私は彼女に同じことをした、今、それらの両方がうめき声、男に来て、私たちをなめる、私たちを性交しています。 そしてそこから私の前菜を取る

Thankyou for your vote!
0%
Rates : 0
2 months ago 25  Views
Categories:

Already have an account? Log In


Signup

Forgot Password

Log In