Advertising

paris mom porno


その日、私の妹と釣りをしている間、私たちは再び冗談を言いました。 彼は私のディックを愛し、それを撫でているように自慰行為をしていました。 それは主にスウェットパンツの上にあった。 時々、彼は彼の手を突き刺し、私の裸のディックをこするだろう。 もちろん、彼は彼の手の中で直接それをしません。 冗談を言っている間、Guyaは私のディックをつかむという形で、彼が小さかったときと同じようにそれをやっていました。 彼は”これは再び巨大です、私の妹、私は彼があなたの学校の女の子からそれを望んでいると思う”のような文章で私のディックを擦っていました。 私は彼女の頬にキスをするつもりで、あまりにも彼女の唇にキスしていました。 私は冗談を言いながら彼女の胸を弄っていました。 私の妹の胸を拍手することは私を角質にしていました。 私は冗談を言っている間、私のシャツを通してさえ、彼女の大きくて硬い胸の端を吸っていました。 彼女はまた、彼女の胸に非常に興奮していました。

-シスター、私はまた同じ夢を見た、あなたが知っていますか?
-見て あなたは再びあなたの妹を犯した
-はいシスター 私はあなたがとても悪いとクソしています。 しかし、何かがいつも私の夢の中で、この時間が欠落していました。

私は偽の夢で私の妹をテストし続けていました。 そして、私はあなたに私たちが愛を作っていることを知っていたことを認識して また、私は彼がそれを実現したかどうかを念のために、制御された方法でこの仕事をしていました。 しかし、私は私たちが私の夢の中で愛を作っていたことを彼に言っていた間、彼は非常に興奮していたことを見て、私は正しい軌道に乗っていたと私

-どうだコルト あなたはあなたの妹をクソしている、何が欠けていますか?
-わからない、シスター、それは完全な満足ではありません。 それが私の目を覚ます方法です。

叔父は笑っていた。 私はこれらの会話を楽しんだ。 彼は言った、”そのいたずらな男が彼の夢の中でやっていることを見て、”彼は私のスウェットパンツに手を入れて、私のディックをカップ。 彼はいくつかの手でバウンスし、その後、私のスウェットパンツから私を引き出し、彼の頭にキスをした。 私はもうそんなに驚いていなかった、私はそれに慣れていた。 さあ、彼はいつも彼が小さかったときにやったが、今、彼が拾ってキスをしたのは巨大な、veinyコックだった。 彼は彼女にキスした後、彼女の頭を少し舐めた。 そして、彼は私のディックの根をつかんで、彼ができる限り彼の口の中と外にそれを入れ始めました。 私たちはそこに私の妹と約分のための一方的なオーラルセックスを持っていました。 それがもう続いていたら、私は再び私の精液で彼の口を満たしていたでしょう。 彼は手放すが、彼が去ったとして、彼はハード彼女の頭にキスをし、私のスウェットパンツに戻ってそれを押し込んだ。

今回は7匹の魚を捕まえましたが、そのうちの二つはかなり大きかったです。 私たちは9時に再び家に帰ってきました。 ママとパパはすでにお茶を醸造し、一緒に彼らの最初のメガネを飲んでいた。 私の父は再び魚を見て喜んでいました。 彼は”あなたがこのように続けば、私は釣ります”と言って、私たちは笑った。 我々は再び一緒に素敵な朝食を持っていた。 その日、私たちは一緒に庭に残っていました。 私たちは草を摘み、木に水を注ぎ、庭を片付けました。 私たちはほとんど夕方まで休むために何かをしました。 私たちは笑いの素晴らしい一日を過ごしました。 お昼に父が魚を焼いてくれました。 庭の私達の大邸宅の夕方に向かって、私達はすべて約2時間寝ました。 私の父への電話は、私たちのすべてを目覚めさせました。 私たちはよく寝ましたが、私たちは皆休んでいました。

私の父は近くの村で叔父の息子と電話で話していました。 Recepの弟は私の父より4歳年下です。 彼と彼の家族は良い人です。 彼らの悩みは私の妹のものと似ています。Recep Abiの妻は二度妊娠しました。一つは5ヶ月で流産し、もう一つは8ヶ月で流産しました。 彼らは非常に動揺していた。 その後、Seher叔母さんから妊娠のニュースはありませんでした。 彼らは悲しみのためにもう一度試していないか、身体的な問題があるのか、私は知らない。 私はもちろん、当時は若かったです。 私がイズミルに行ったとき、私は五年のようにそれらを見ていませんでした。 Recep兄弟とSeher叔母は私の妹と私を非常に愛しています。 子供への憧れのせいかもしれません。

レシップ兄弟は私の父に言った、あなたは私たちと一緒に夕食を持っている必要があります。 彼は私たちに尋ねた、私たちは”それは大丈夫だろう”と言った。 Recep兄弟と私の父はどちらも私たちの地域のゲーム、すなわちzeybeksを愛し、それらをうまくプレイしています。 彼らは私もよく遊ぶと言っていますが、彼らはそのための私のアイドルです。 彼らが話している間、私の母は電話に叫んでいました。

-Recep、私は一つだけの条件を持っています。 あなたはZeybekを再生します

Recepアビは私の叔母の順序があるだろうと言った、私たちは笑った。 彼は言った、”それから私の兄弟に彼のズボンを身に着け、彼のターバンを置かせなさい。”父もそれを愛していたので、私の父は笑いに同意しました。 夕食後、私たちは準備を始めました。 私の父は彼のshalwarを置き、彼のウエストのまわりでターバンを包んだ。 彼は彼のシャツの上にポケットジャケットを置き、彼の頭の上にターバンを包んだ。 私の母は私に言った、”さあ、若いefe、あなたはefeのように服を着ることができ、あなたも遊ぶでしょう。 私も父の服を着ていました。 もちろん、私は少し忙しすぎました。 私は私のだぶだぶの下にパンティーを着用していませんでした。 私のディックは鉄のように立っていたにもかかわらず、zeybek shalwarはとても緩くて粗かったので、決して明白ではありませんでした。 私は本当にこの仕事が好きだった。 私は私の妹を見て、彼女はまた、この状況が好きだった….

私たちが道路にいる間、私の妹は田舎道が夕方には涼しいので、私たちと一緒に薄いパイクを取った。 私はポイントを得た。 私の妹の迅速なウィットは私を幸せにしました。 レセプの村は40分ほど離れていた。 遠くはありませんでしたが、田舎道だったので、行くのが遅かったです。 私たちは途中で会話をしていました、私の父はzeybeksを開いていて、私たちは聞いていました。 私は座っていた場所から曲のリズムで足を動かし始めました。 私の妹は私の母に言った、”見て、彼は私たちの小さなマスターと患者であることができませんでした。”そして、彼は私の足に手を入れました。 彼は私を愛しているかのように私の足を撫でていた。 彼が私の足を愛撫したとき、shalwarの下の私のディックはすぐにmauserのように立ち上がった。 私の妹が彼女の手を愛撫している間、彼女は私のディックの根元に触れていました。 私は少し寒さを感じたので、私の妹は私たちにパイクを引っ張った。 今、私の妹は彼女のすべての動きを快適に行うことができ、私はこの動きで安心しました。 私は母の手が父の足にもあったのを見ました。 もちろん、彼らは私たちの目の前で快適に動くことができませんでした。 しかし、それでも、私の母は私の父の足を上に向かって絞って圧迫していました。 私の妹はドアに向かって彼女の足を伸ばし、私の胸に寄りかかった。 だから私は彼がそれをしたときに私のドアに寄りかかった。 今、私の妹と私は半分横たわっていました。 私は妹に大声で言った、”あなたは半時間、妹のために眠ることができます”。 私の父は言った、”しかし、私たちが到着したとき、私たちはあなたを目を覚ますことはありません、笑います。 私の妹がパイクの下の私の胸に彼女の頭を置くとすぐに、彼女はすぐに私のディックに彼女の手を置きました。 彼はshalwarの上にそれをそんなにつかんで、彼がそれを裸にしているかのように彼に喜びを与えました。 彼は頭をつかんで、体をつかんで、手を底まで動かしていました。 彼は私の耳に身を乗り出し、笑顔で言った、”大学であなたのガールフレンドになる女の子、非常に幸運な赤ちゃん”。 私はそれを無視し、”なぜ姉妹”と言いました。 しかし、私の声は私が得ていた喜びから少し不安定に出てきました。 私の妹は彼女の手のひらをいっぱいにして私のディックを撫でていたので、私は文字通りあなたの手をクソしていた 彼はそれを撫で続けました:”なぜ彼は言うのですか、これを見てください。 ミートボールはあなたの手に収まらない。

Thankyou for your vote!
0%
Rates : 0
1 month ago 25  Views
Categories:

Already have an account? Log In


Signup

Forgot Password

Log In